亀山駅より徒歩2分、姫路市のふくざわ歯科です。

〒670-0973兵庫県姫路市亀山2-184-11
山陽電鉄「亀山駅」より徒歩2分 079-234-6000

医師の紹介院長紹介医院紹介アクセス・診療時間

歯周病治療

亀山駅のふくざわ歯科 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
かみ合わせ サイトマップ リンク集 院長活動報告
トップページ»  歯周病治療

歯周病について

歯周病は一般的に、成人の80%がかかるといわれており、また日本人が歯を失う原因の第1位でもあります。

このような方は要注意!!

  • 朝、口の中が臭いと思う
  • 偏食をよくしている
  • 歯ブラシを使うと歯ぐきから血がでる
  • 歯ぐきの先端が赤くはれている
  • 冷たいもの、熱い物が歯にしみる
  • 歯がグラグラしている

歯周病は、自然に治るものではありません。
そのまま放っておくと、だんだん悪くなります。
なるべく早く、お近くの歯医者さんに見てもらいましょう。

歯周病の進み方

歯肉炎
歯肉炎歯肉にのみ炎症が生じたもので、歯根膜や骨(歯槽骨)までは破壊されていないもの
プラークや歯石が原因で歯肉に炎症を起こします。歯茎は暗赤色で丸みを帯びて腫れ、歯磨きの時や硬い物を食べた時に出血しやすくなります。正しいブラッシングと歯石除去で良くなります。
次へ
軽度歯周炎
軽度歯周炎歯(歯槽骨)が歯根の長さの1/3まで消失したもの
歯茎の炎症が進行すると歯と歯茎の間の付着期間が溶け、歯周ポケットが出来ます。また、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶け始めます。
次へ
中等度歯周炎
歯(歯槽骨)が歯根の長さの1/3~1/2程度まで消失したもの
炎症がさらに悪化すると歯槽骨が溶け、歯根部分が露出し、冷たい物や熱い物がしみたりすることもあります。歯石が腫れ、膿がでてきます。口臭も徐々にひどくなり、歯を支えている骨(歯槽骨)の吸収により歯がグラグラ動きます。
次へ
重度歯周炎
歯(歯槽骨)が歯根の長さの1/2以上消失したもの
歯槽骨がほとんど無くなり歯根が露出し、最後には抜けてしまいます。

定期検診の必要性

口の中は自分では見づらいところです。鏡で見ても、見えている場所はごくわずかで、ほとんどが見えません。また見えたとしても初期のむし歯などを見つけだすのは難しいでしょう。
こうしたことから自己チェックには限界がありますので歯科医院で定期的に検診をうけましょう。

定期検診ですること

  • むし歯や歯周病がないかを検査・治療
  • 歯に付いた歯石の除去
  • 歯みがきで不十分なところを指摘し、ブラッシング指導を行う
  • フッ素塗布によるむし歯予防
  • 歯に関する相談など

定期検診の時期

定期検診を受ける時期というのは、一般的には決まっていませんが、大人で年3~4回位、子供で年2~3回位受けるのが理想です。